SEO対策の基本知識情報

SEO対策の基本知識情報

形態素解析を逆手に取る

日本語というのは世界の言語のなかでも特徴的な言語であり、SEO?対策を行う場合にもこの日本語であるということを注意して行う必要があります。というのも、基本的にアルファベット言語の場合、単語の区切れ目というのはスペースが開けられることになります。「I have a pen」といったような具合になりますが、これが日本語の場合は「私はペンを持っています」と文章内に明確な区切れ目が存在しません。

そのため、日本語サイトの検索を行う場合、検索エンジンは形態素解析というものを行なってキーワードの検索を行なっています。どこからどこまでが単語であるのか、ということを正しく理解することができないため、これをできるだけ高い精度で認識させようとするのがこのシステムということです。

これがSEO?対策にどのように意味を持つかというと、「ひらがな」や「英語」のキーワードは日本語の検索エンジンだとキーワードとして認識されにくいということです。これらは形態素解析がされた際に不要な部分として省かれてしまう可能性があり、適切な検索結果に残りにくくなる可能性があります。そのため、SEO?対策を行う場合のキーワードは漢字熟語など、キーワードとしてわかりやすいものを利用するのがポイントです。

 

SEOの基礎   

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: