SEO対策の基本知識情報

SEO対策の基本知識情報

キーワード規模を考える

検索を行う際に入力されるキーワードには、規模によって種類に違いがあります。一番規模が大きいのが「ビッグキーワード」と呼ばれるもので、カバーする内容が広いのが特徴です。例えば「カレー店」とだけ検索した場合はビッグキーワードということになります。このような大枠のキーワードというのは検索されやすい反面で、競合するサイトが多いためにSEO?対策を行うのは難しく業者への依頼が上手くいきにくい傾向があります。

少し規模が小さくなると「ミドルキーワード」となります。こちらは「カレー店,東京」や「カレー店,女性」など、検索対象をもう少し細分化したものとなります。キーワードの追加があることによってビックキーワードよりは競合数が少く、SEO?対策の行い安さも多少改善します。

最も小さくなると「スモールキーワード」となります。これは更に対象を細かくして「カレー店,東京,男性」や「カレー店,女性,インド」などより具体的な対象とするものです。こちらは強豪相手が少ないためにSEO?対策は行い易いものの、そもそも検索する人数が少くなるために効果が高く出るかは分かりにくいものとなります。

SEO?対策を行う場合、キーワードの設定は重要なポイントとなります。

 

SEOの基礎   

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: