SEO対策の基本知識情報

SEO対策の基本知識情報

Javaへの対策

最近のサイト作りの傾向の1つとして、JavaScriptと呼ばれる言語を用いて作成されたものが多いということが言えます。JavaScriptというのはプログラミング言語の一種で、ブラウザでの表示に適しているものであるため多くのサイトに利用されています。普通のHTML言語だけではできないような挙動をさせることもできるようになり、サイト作成の多様性が高まる効果があります。

ただ、このJavaScriptを使ったサイトというのはSEO?対策で弱いとも言われています。というのも、検索エンジンによって調査を行なっている検索ロボットが、JavaScriptの多用があった場合評価点を下げてしまっている可能性があるためです。この評価点が下がると検索順位が下に行きやすくなってしまうため、SEO?対策の効果が現れにくくなってしまうため困るということです。

ただ、それでもJavaScriptを使いたい場合には方法があります。例えばCSSを利用することで、外部に保存したJavaScriptを呼び出すように設定すれば、サイトのソースコードではCSSとなるというものです。こうすればJavaScript多用によるペナルティを受けにくくなります。

 

SEOの基礎   

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: