SEO対策の基本知識情報

SEO対策の基本知識情報

ゲートウェイの質を高める

SEO?対策をする上で、こんがらがりやすい単語として「ゲートウェイページ」と「ドアページ」という二つの言葉があります。この二つは同一のものであると考えられやすいのですが、厳密にいうとその役割が違っています。ドアページというのは、検索が行われた場合にトップページとして表示される場所、つまりユーザーが最初に訪れることを想定して作られているページです。

対してゲートウェイページというのは、ユーザーではなく検索エンジンによるロボットが最初に訪れることを想定して作られているページとなります。検索エンジンはこのロボットが情報収集を行うことでサイトの構造や質などの情報を収集して評価を行なっています。この際、内部の情報収集を行うことをクロールというのですが、ゲートウェイページはこのクロールを始めるページということになります。

ゲートウェイページは自分のサイト内をできるだけ行き来しやすい状態にしていることがもとめられます。ここから他のページに対してアクセスしやすい状態になっていると、クローラーが情報収集を行い安くなり、良い情報が検索エンジンに収集される可能性が高まるためです。ページごとの質を高めるのと同じ様に、ゲートウェイの質を高めるのも重要です。

 

SEOの基礎   

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: