SEO対策の基本知識情報

SEO対策の基本知識情報

CSSの利用方法

サイトを作成するとき、全体の見栄えを良くするために良く使われるのが「CSS」というものです。カスケード・スタイルシートやカスケーディング・スタイル・シートの略称とされますが、簡単に言えば修飾用言語となります。このCSSをサイトに利用する場合、SEO?対策の側面からは考えなければならない事があります。

それは、ソースコードに対して直にCSSを記述していると、評価点が下がってしまう可能性があるということです。というのも、CSSのコード内容というのはかなり長く、ソースコードが全体的に冗長なものになってしまいやすいことがあげられます。アクセス者は表示内容を見るのでソースコードが厄介なものでもあまり関係はないのですが、問題はクローラーが迷ってしまう可能性があるということです。

クローラーというのは検索エンジンから放たれる調査用ロボットのようなもので、そのサイトの内容や構造についてリサーチを行なっていきます。こちらは表示画面ではなくソースコードの方を参照してデータを集積するため、ソースコードが乱雑になっていると正しく情報が収集されない危険性があります。こうならないように、CSSは外部からの呼び出しにするなどの方法が適切です。

 

SEOの基礎   

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: