SEO対策の基本知識情報

SEO対策の基本知識情報

キャッシュの更新速度

SEO?対策を行う上で知っておきたい単語の1つとして『キャッシュ』というものがあります。このキャッシュというのは検索エンジンがページ内部のクロールを行ったときに、サーバ内部にページ保存が行われることを指します。更新が行われていないサイトについてはクロール自体の頻度も低く、キャッシュの頻度も低いということになります。

これに対して、高い頻度で更新を行うようにすると何度もクロールが行われるようになっていきます。こうなった場合にはキャッシュの更新自体の頻度も高くなり、多くの情報更新が検索エンジン上で行われるということです。基本的にこのキャッシュの更新頻度が高いと情報の質が高いと考えられる場合が多く、検索エンジン上位に現れやすくなります。

そのため、ページに対するSEO?対策を施す場合、効率よく効果を得たいとかんがえるならこのキャッシュ速度が高いようにするのがポイントです。更新をこまめに行なって検索ロボットがクロールする頻度を増やすことによってSEO?対策の効果がより早く現れるようになります。この他、サイトマップXMLを作成することによって巡回を促すという方法でもキャッシュの更新が起こりやすくなるため、1つの方法です。

 

SEOの基礎   

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: