SEO対策の基本知識情報

SEO対策の基本知識情報

バウンス率を考える

自分のサイトへのアクセスを増強し、より強いサイトとしたいのであれば、気にするべき部分の1つとして「バウンス率」と「定着性」というものがあります。バウンス率というのは、せっかくアクセスしてくれたものの、結局内容を見ることなく直ぐに戻ってしまった人の比率のことをいいます。直帰率という単語で呼ばれることもあり、検索結果としては興味を引くものだったものの、内容が意にそぐわないものであるとすぐ判断されてしまうとこうなります。

対して定着性というのは、バウンス率の低さということになります。アクセスしてくれた人がしっかり内容を見てくれて、今後も見てくれるようになる内容のものを定着性のあるサイトと呼ぶことになります。SEO?対策でもって検索順位をあげたとしても、バウンス率が高く定着性が低くては本当の意味でのサイト効果というのは得にくくなってしまいます。

何を目的としてSEO?対策を行うのか、ということによっても違ってくるでしょう。アフィリエイトを目的としている場合、アクセスされただけでも収入があることもあり、ある意味効果を発揮しているとも言えます。ただ、企業サイトへのアクセスなどを伸ばしても、バウンスされてしまっては意味がないのでSEO?対策とは別の対策が必要です。

 

SEOの基礎   

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: