SEO対策の基本知識情報

SEO対策の基本知識情報

アフィリエイトとSEO?対策

アフィリエイトというのは広告によって収入を得る方法の1つで、自分のサイトなどに広告を張り、アクセス数やクリック数などで報酬を受け取るというものです。こうした広告を出しているサイトというのはSEO?対策適切に行うことによって収益を伸ばすことができる可能性が期待できるため、検討する価値があります。

アクセス数、あるいはクリック数のいずれによって報酬が用意されているにせよ、それらの収益が大きくなるためにはできるだけ多くの人の目に留まり、サイトにおとずれてもらう必要があります。このために行うのがSEO?対策というもので、簡単に言えば検索エンジンの順位をあげることを目的としています。

検索エンジンの上位にある記事ほど閲覧されやすく、上位から離れると閲覧数が少くなります。特に1ページ目にあるか、それ以降になるかということによって閲覧数は大きく変わることになります。できるだけ上位に表示させるためには、SEO?対策を行うことが求められます。

SEOは検索ワードごとに行われるのですが、多くのサイトによって利用されているキーワード程上位にあげるのが難しくなります。逆に少ないものであればあげるのは楽ですが、その分検索者は少ない傾向にあります。

 

SEOの基礎   

キーワードスパムは評価を下げる

SEO?対策を行うときに気をつけるべき手法の1つとして、キーワードスパムというものがあり、これを行うと検索順位が上がらないどころか下がってしまうことも考えられます。基本的には、検索されることが想定されるワードが多く含まれている程合致した情報であると判断されやすく、同キーワードにおける検索順位が上位に現れやすくなります。ただ、無闇矢鱈にそのキーワードを何度も繰り返すような文章が掲載されていると、順位上昇だけを目的にしていると判断されて検索順位が下がる可能性があります。

また、スペルを間違ったキーワードが繰り返されているのもキーワードスパムの一種とみなされることがあり、こちらも検索順位におけるペナルティが発生する可能性があります。また、文章自体の意味が通っていないような、機械的に作られた文章というのも評価を低くする原因と考えられています。

SEO?対策はこうしたペナルティポイントに引っかからないようにして行っていくことが重要で、有用だと思われるからと言っても無闇にその方法とっても効果的であるとはいえません。キーワードを含んだ文章を書く場合には、その頻度や文章の内容についても具体的に検討するようにするべきです。

 

SEOの基礎   

キャッシュの更新速度

SEO?対策を行う上で知っておきたい単語の1つとして『キャッシュ』というものがあります。このキャッシュというのは検索エンジンがページ内部のクロールを行ったときに、サーバ内部にページ保存が行われることを指します。更新が行われていないサイトについてはクロール自体の頻度も低く、キャッシュの頻度も低いということになります。

これに対して、高い頻度で更新を行うようにすると何度もクロールが行われるようになっていきます。こうなった場合にはキャッシュの更新自体の頻度も高くなり、多くの情報更新が検索エンジン上で行われるということです。基本的にこのキャッシュの更新頻度が高いと情報の質が高いと考えられる場合が多く、検索エンジン上位に現れやすくなります。

そのため、ページに対するSEO?対策を施す場合、効率よく効果を得たいとかんがえるならこのキャッシュ速度が高いようにするのがポイントです。更新をこまめに行なって検索ロボットがクロールする頻度を増やすことによってSEO?対策の効果がより早く現れるようになります。この他、サイトマップXMLを作成することによって巡回を促すという方法でもキャッシュの更新が起こりやすくなるため、1つの方法です。

 

SEOの基礎   

クエリとストップワード

SEOに関わる単語の1つとして「クエリ」というものがあります。このクエリというのは直訳すると「質問」や「問い合わせ」ということになりますが、こと検索エンジンに関してこの言葉を使う場合、検索を行うための処理要求のことを指します。SEO?対策はこのクエリを受けてどういった順番で検索結果が出るのか、ということを操作することが目的となっているわけです。

検索エンジンのシステムとして、文章が入力されて検索に掛けられた場合、単語ごとに分解された上でクエリとして処理されるようになります。「本日はいいお天気です」という文章が検索ワードに入力されたら「本日」「いい」「お天気」というように分割したうえで検索されるということです。そのため、SEO?対策を行うにあたって文章をキーワードとして検索順位をあげようとするのは正しい方法とはいえません。

これにもう一つ関わってくるのがストップワード処理というものです。検索エンジンで文章が入力されたとき、文章内にある一般的すぎる語彙群というのは検索から除外されて考えられます。先程の文章の場合「は」や「です」は一般的な助詞として判断を受けて検索の際に優先されなくなるということです。

 

SEOの基礎   

クロールが重要

泳法の1つとして知られている「クロール」は、SEO?対策を行う上でも重要な単語の1つです。ことSEOに関してクロールという言葉が使われたときには、検索エンジンが情報収集を行うためにウェブ上を泳がせている検索ロボットが、ページ内部を閲覧して情報を収集することを指します。このクロールというのが行われないと、自分のサイトの情報は検索エンジンに収集されないことになりますから、簡単にいえば検索に上がらないものとなってしまいます。

そのため、SEO?対策を考えるとき、どのようにして自分のサイトをクロールさせるか、というのが1つ重要な要素となります。このクロールというのは定期的に行われることになるのですが、この際に前回クロールしてからどのぐらい更新されているのか、更新性というのも情報の1つとして収集します。この更新性が高い程検索エンジンでは質の良いサイトであると判断されやすくなるため、検索上位に現れやすくなります。

また、クロールはインデックスページからページ内のリンクを辿って行われることになります。そのため、ページは存在しているもののリンクが適切に張られていないとそのページについてはクロールされなくなってしまうため注意が必要です。

 

SEOの基礎   

アクセスログ解析の活用

SEO?対策を行うにあたって重要なのが、アクセスログを解析して正しくサイトの構造やリンク状況などを導いていくということです。アクセスログ解析を使うとそのサイトにアクセスしてきた人たちがどういう経路を辿ってきたのか、どのような検索エンジンから検索してきたのかということがわかるようになっています。これがSEO?対策を行う上で大きな情報源となり、誰が何処から来ているかということを把握することで、自分のサイトがどこの検索エンジンに評価されているかが分かります。

検索エンジンによる評価というのはそれぞれ違いがあり、内容やリンク状況によって検索順が上になりやすい場合と、なりにくい場合があります。アクセスログでどのエンジンに強いのかを知れば、よりそのエンジンに特化した内容形成を行うことも可能になります。逆に苦手としているエンジンを知ることができれば、そのエンジンに対応した対策を取ることが考えられるようになります。

また、自分のサイトにはどういった検索ワードから辿り着いている人が多いのか、ということも把握することができます。これがわかると、多くの人が興味を持ってくれているワードについて詳しくすることで、サイトの価値を高めることができます。

 

SEOの基礎   

コンバージョンを得る

サイトにアクセスする人には、その場での調べ物のために訪れる人と、普段から訪れてくれる人との二つに分類することができます。基本的なSEO?対策というのは前者を増やすことを目的としていますが、後者を増やすことが出来れば安定的な定量化というものが図ることができます。この後者のことを「コンバージョン」と呼び、重要な要素の1つとなっています。

では、コンバージョン人口を増やすためにはどのような工夫が必要になるのでしょうか。それは、更新頻度の高さや有用な情報の多さなどから、定期的にそのサイトを閲覧したい、と思わせることにあります。一回みたらもう良い、と思ってしまうような内容ではコンバージョンとはならず、一回きりのアクセスに過ぎません。

こういったサイトを目指すためには、ユーザーが求めている問題の解決方法や、ニーズのある内容がどういったものなのか、ということをより詳細に知る必要があります。例えば検索を想定しているキーワードに対してどれだけしっかりと答えられるものになっているか、というのも1つの重要な要素です。数打てば当たるというサイト構造にするのか、じっくりと質を高めてコンバージョンを獲得するのかは1つの選択肢です。

 

SEOの基礎   

隠しリンクはご法度

悪質なSEOの方法の1つとして、「隠しリンク」というものがあります。隠しリンクというのはアクセス者から見えないような形でサイト内にリンクを仕込むことを指しています。何故このようなことをするかというと、検索エンジンによる順位決定のアルゴリズムの一種として、アウトバウンドリンクが1つの要素となっているためです。

隠しリンクはアクセス者からは見えないものの、検索エンジンが情報収集のために放っているクローラーには認識されるために情報が収集されるようになります。ただし、最近はクローラーの情報収集がより高度になっており、騙しきれない場合が増えています。隠しリンクの手法としては、例えば文字色を背景色と同化させたり、文字サイズを極端に小さいものにするなどの方法が取られます。

これらはアクセス者からは見逃されやすいのですが、クローラーからはそのリンクが実際にどのような形で張られているのか、ということをデータ的に解析することができます。その結果、このリンクが実用的なことを目的としていないということが分かればペナルティの原因の1つとなります。そのため、SEO?対策として隠しリンクを利用するのは正しい方法とはいえません。

 

SEOの基礎   

小さなことから対策を

SEO?対策という言葉は人口に膾炙しているものの、そもそもSEOがどういう意味なのか、というのはあまり分かっていない人も多いと言えます。SEOというのは、Search Engine Optimizationの頭文字を取った略称で、日本語に訳するのであれば検索エンジンの最適化という意味になります。簡単に言えば、自分のサイトが検索エンジンでの検索順位が高い場所に表示されるようにすることを「SEO?対策」と呼びます。

このSEO?対策として行われる手法には色々なものがあります。業者に依頼して行う内容もありますが、個人サイトレベルであれば自分自身でも十分行うことができます。例えばサイトのソースコードを正しく記述するというのも1つのSEO?対策ということができます。

というのも、検索エンジンは質の高いサイトを高く評価して上位に表示させようとするため、サイト構造を決定するためのソースコードが理路整然とした正しいものであれば高く評価されるためです。自己流のコード作成で間違ったものが多く利用されていると、検索にも引っかかりにくくなってしまいます。小さなことのように思われるかも知れませんが、基本的にSEO?対策というのは小さなことの積み重ねで行われるのがほとんどです。

 

SEOの基礎   

サイトリンクの表示

調べたいキーワードについて検索エンジンでサーチをした時、結果として現れるサイトにはいくつかの種類があります。まずは、検索エンジンに対してスポンサー料金を支払うことで表示してもらう広告部分、さらに検索エンジンのアルゴリズムによって現れるオーガニックリスティングが基本です。これに加えて、サイトリンクというものが存在しており、こちらが表示されることでもアクセス数の増加を期待することができます。

サイトリンクが表示されるためには、特に安定した長期間のサイト運営というものが求められます。余程優れていたり、更新量が多いような場合でなければ、運営開始直後から表示されるということはあまり期待できません。半年ぐらい運営すると表示されやすくなってきますが、内容によっては中々表示されないこともあります。

このサイトリンクの表示アルゴリズムというのも分かっていない部分が多く、SEO?対策だけで表示頻度をあげるのが難しいというのが1つのポイントです。もしこれを操作することが出来ればより一層高い精度での検索対策となるのですが、現在はまだ難しいという状況になっています。オーガニックリスティングを上位に来るように対策する方が確実でしょう。

 

SEOの基礎