SEO対策の基本知識情報

SEO対策の基本知識情報

アクイジションを高める

SEO?対策を熱心に行うことによるメリットの1つとして、アクイジションを高めることができるというものが挙げられます。あまり聞き覚えがないという人もいらっしゃるかと思いますが、アクイジションというのは購買や登録などの意欲を高めさせることをいいます。SEO?対策によって獲得した閲覧者に上手く興味を持たせて、次のアクションに繋がるように誘導するのがこれです。

これと対になっているのがリテンションという要素です。これはSEO?対策による部分よりも、その後の対応による部分が大きいものです。リテンションというのは既存の顧客を維持し、囲い込むことを指していて、いわゆるリピーターとなってくれるように働きかけることをいいます。折角新規の顧客を獲得しても、一回で終わりでは勿体ないのでアクイジションからリテンションにつなげるように努力が必要です。

アクイジションはサイトの構造や内容によっても変わりますが、その効果を得るためにはまず多くの人にアクセスしてもらわなければ始まりません。その第一歩を踏み出すためにも、検索順位を挙げてくれるSEO?対策というのの重要性が高く、インターネットマーケティングを行う上での重要性も高いと言えます。

 

SEOの基礎   

オーソリティサイトを目指す

検索エンジンのランキングを決定するアルゴリズムの一種として、オーソリティサイトが評価されるというものがあります。オーソリティサイトというのは、ページの多くが検索上位にあらわれていたり、リンクの質が上質であるなどの理由から、質の高いサイトであると判断されたものを指します。こういった判断をされるとサイト自体の評価が上がり、ページごとの検索結果も上位に現れやすくなる傾向があります。

SEO?対策として行われる行為は、このオーソリティサイト化を図っているものだと考えると概ね間違っていません。では、どういった部分が特にオーソリティサイトとして判断されるために重要視されているでしょうか。まず、存続期間が最初に判断されると考えられています。歴史が長く、長い間更新されているサイトというのは信頼性が高いという判断を得やすく、オーソリティサイトとしての評価が得やすくなります。

また、情報鮮度や更新性というのもSEOに関わるとされており、新しい情報を取り入れたり、毎日更新されるようなサイトは評価が高くなりやすい傾向があります。この他、サイトのクオリティやリンクの相互性なども評価の1つとなり、全体の評価が変わります。

 

タグ :

SEOの基礎   

隠しテキストは禁物

SEO対策を行う場合知っておくべきこととして、通常効果的とされる対策方法もやりかたを間違えると逆効果になってしまう可能性があるということです。その落とし穴の代表的なものであるのが「隠しテキスト」です。基本的には、サイトの内容というのがそのサイトが上位に来るかどうかということを決定するのですが、上位に来ることだけを目的として、見えない形で文章を挿入することが隠しテキストにあたります。

例えば、多くの人によって検索されるものの、自分のサイトとは関係ないワードを、背景色と同色にして挿入したりすると、閲覧者からは見えないものの検索ロボットからは見えるという状態になります。このような状態は一時的にはアクセスを伸ばす可能性がありますが、最近の検索エンジンはこうした隠しテキストを見つけ出す性能に長けており、もし露見した場合には検索順位にペナルティを受ける可能性があります。

こうしたことによって発生するペナルティは順位が下がるだけというものもあれば、最悪の場合表示自体がされなくなってしまうこともあります。SEO対策によって上位を目指すのは良いですが、適切な方法で行うように気をつけるのも重要なポイントの1つです。

 

タグ :

SEOの基礎   

形態素解析を逆手に取る

日本語というのは世界の言語のなかでも特徴的な言語であり、SEO?対策を行う場合にもこの日本語であるということを注意して行う必要があります。というのも、基本的にアルファベット言語の場合、単語の区切れ目というのはスペースが開けられることになります。「I have a pen」といったような具合になりますが、これが日本語の場合は「私はペンを持っています」と文章内に明確な区切れ目が存在しません。

そのため、日本語サイトの検索を行う場合、検索エンジンは形態素解析というものを行なってキーワードの検索を行なっています。どこからどこまでが単語であるのか、ということを正しく理解することができないため、これをできるだけ高い精度で認識させようとするのがこのシステムということです。

これがSEO?対策にどのように意味を持つかというと、「ひらがな」や「英語」のキーワードは日本語の検索エンジンだとキーワードとして認識されにくいということです。これらは形態素解析がされた際に不要な部分として省かれてしまう可能性があり、適切な検索結果に残りにくくなる可能性があります。そのため、SEO?対策を行う場合のキーワードは漢字熟語など、キーワードとしてわかりやすいものを利用するのがポイントです。

 

SEOの基礎   

ゲートウェイの質を高める

SEO?対策をする上で、こんがらがりやすい単語として「ゲートウェイページ」と「ドアページ」という二つの言葉があります。この二つは同一のものであると考えられやすいのですが、厳密にいうとその役割が違っています。ドアページというのは、検索が行われた場合にトップページとして表示される場所、つまりユーザーが最初に訪れることを想定して作られているページです。

対してゲートウェイページというのは、ユーザーではなく検索エンジンによるロボットが最初に訪れることを想定して作られているページとなります。検索エンジンはこのロボットが情報収集を行うことでサイトの構造や質などの情報を収集して評価を行なっています。この際、内部の情報収集を行うことをクロールというのですが、ゲートウェイページはこのクロールを始めるページということになります。

ゲートウェイページは自分のサイト内をできるだけ行き来しやすい状態にしていることがもとめられます。ここから他のページに対してアクセスしやすい状態になっていると、クローラーが情報収集を行い安くなり、良い情報が検索エンジンに収集される可能性が高まるためです。ページごとの質を高めるのと同じ様に、ゲートウェイの質を高めるのも重要です。

 

SEOの基礎   

サマリーの効果

検索して出てきたサイトを見るかどうか判断するとき、どのような部分を見るでしょうか。まず検索順位というのが重要になりますが、同時にそのサイトがどのような内容になっているのか、ということが書かれている部分を見るかと思います。検索結果に表示されるこの内容の要約部分のことを検索サマリーと呼び、これもアクセス数を伸ばす上で重要な要素の1つであると考えられています。

この検索サマリーはメタディスクリプションで指定することか出来ますので、自分で自分のサイトの内容を興味ある要約に変更することができます。ただ、この部分の良し悪しによって評価点が変わることはないという見解が強く、直接的なSEO?対策として利用できるわけではありません。SEO?対策は別で行なって表示順をあげた上で、その中から取捨選択を行う際に利用されるのがサマリーだと考えれば良いでしょう。

まずは検索順位が上がらないことにはそもそもこのサマリー自体が目にふれないために無駄になってしまうことも少くありません。ただ、いざ検索順位があがったのにアクセスが伸び悩むというときは、このサマリーに魅力がないということも1つの原因として考えられます。内容を端的に表す魅力的なサマリーを考えましょう。

 

SEOの基礎   

サムネイル画像を考える

検索エンジンのなかには、検索結果にテキストだけではなく画像が表示されるものがあります。されないものの方が多いので、これを利用したSEOが行えるのはある程度限られた対象である、ということは理解した上で、この画像を利用する方法を見ていきます。この画像部分というのはサムネイルと呼ばれることがあり、ここには指定した画像か、あるいはサイト全体の縮小キャプチャーなどが表示されます。

多くの人は、テキストとサムネイルがどちらも表示されていた場合、最初に目に着くのは画像であるサムネイルの方です。このサムネイルの時点で興味を引くようなものを選択していれば、アクセスの可能性というのを伸ばすことができる可能性があります。ただ、内容に即していないアクセスだけを伸ばすことを考えたサムネイルというのはペナルティの対象となる可能性もあります。

そのため、あくまでも自分のサイトの内容に関連性があり、かつ見ている人の興味を引くことができるようなサムネイルの選択というのが重要になります。テキストで行うSEO対策よりもセンスが問われる部分が大きく、中々効果を実感するのが難しい分野でもあります。限られた方法ではありますが、1つのポイントとなるでしょう。

 

SEOの基礎   

あいまい検索を理解して

あいまい検索というのは、検索エンジンに組み込まれている予測システムの1つです。これは例えば良く検索される言葉が、微妙に違った単語として入力された場合、自動的に修正を行なって検索数が多い単語でもって検索を行うシステムとなっています。重要なのは、このあいまい検索によって修正された後の単語に対応したキーワードを用いてSEO?対策を行うことです。 修正前にあたる単語でもって対策を行なっても、自動的にあいまい検索によって修正が行われてしまうと意味がない結果になってしまうことが十分に考えられます。そうならないためにも、まず自分のサイトがどのようなキーワードを掲げて検索数をあげるべきなのか、ということを考える必要があります。 最近の検索エンジンのシステムの飛躍は著しく、文章的に近いものだけではなく、意味的に近いものを策定してあいまい検索を行ってくれるような場合もあります。こうなってくると尚更検索のワードが重要性をますことになるので、どの単語を対象にSEO?対策を行うのかによってアクセス数の向上具合が変わります。 これを理解した上で対策を行えば、理解しないで行った場合よりも高い検索上昇効果を期待することができます。

 

タグ :

SEOの基礎   

アウトバウンドリンクを活用する

アウトバウンドリンクとは、自分のウェブサイトから自分以外の外部のウェブサイトに対して繋がれているリンクのことを指しています。簡単に言えば「出て行くリンク」のことで、「入って来るリンク」とはまた違った意味を持っています。ちなみに入って来るリンクのことをインバウンドリンクと言いますが、今回はアウトバウンドリンクについて中心に紹介していきます。

普通、SEO?対策として主に気にされるのはインバウンドリンクの方です。それもそのはず、多くの人が自分のサイトにリンクを貼ってくれていれば、その分外部からのアクセス数が増えるため効果が高いと考えられるためです。ではアウトバウンドリンクにはSEO?対策として無意味かといえばそうではありません。

実は、リンクというのは双方向に発生しているものであり、アウトもインもいずれもリンク評価として検索エンジンの順位上昇評価を高めるために寄与するためです。インバウンドリンクが外部のサイトにリンクを貼ってもらわなければならない、つまり自分で対策しにくいものであるのに対して、アウトバウンドリンクは自分で貼ればいいため自分側行なうことができるという点に於いて優れたSEO?対策の方法となります。

 

タグ :

SEOの基礎   

アウトバウンドリンク先の品質

SEO?対策は検索エンジンによるサイトの評価を上昇させ検索順位が上がるようにすることによって多くの人の目に触れやすくすることをいいます。ここではその方法の1つであるアウトバウンドリンクについて、リンク先の重要性というものについても考えていきます。自サイトから外部に向けたリンクであるアウトバウンドリンクも、確かにSEO?対策として高い効果を持つのですが、注意しなければならないこともあります。

それが、リンクしている先のサイトが意味のあるものかどうかということを評価されるということです。アウトバウンドリンクによる検索順位上昇効果を効率よく狙おうとして、外部のリンク集のような「内容の薄い」サイトに対して接続を行うと、リンク元である自分のサイトについても「価値の薄いサイトである」という評価を受けてしまう可能性があります。

そうなると品質面の問題によりSEO?対策効果が薄くなってしまうどころか、検索順位が上がりにくくなってしまうことも考えられます。有害なサイトがリンク先となっている場合は尚更で、最悪の場合検索に出てこなくなってしまうことも考えられるため特に注意を払わなければ骨折り損のくたびれ儲けとなってしまうでしょう。

 

タグ :

SEOの基礎